マスクしたままカラオケ!

画像提供:左下/エクシング、右上/カラオケの窓口

コロナ時代の必須アイテム、マスク。カラオケで歌う時はどうしているでしょうか。
煩わしいけど、お店ではつけたまま歌う人も多いのでは。
でもやっぱりマスク越しだといつもの自分の声じゃない…

そんな不満に応えるべく、あのカラオケメーカーが2020年に生み出したのが、JOYSOUNDの「マスクエフェクト」とDAM「マスクでうたう」機能。

それぞれ、キョクナビのマスクエフェクトのバナーや、「リモコン」→「マイクエフェクト」などからON/OFFすることができます。(機種によって違います)
DAMのデンモクでは「マスクでうたう」バナーから。歌の最中でも操作可能です。

すぐには終わらない事が分かったコロナ禍に、マスク対策は無視できない問題。
そんな中、早速こんな機能を開発できるのはさすがカラオケ発祥の日本!強いですね。

それでもやっぱりマスクなしでも気兼ねなく歌いたいという人達の間では、一人カラオケ(通称「ヒトカラ」)や、家族カラオケも近年人気のようです。大切な歌える場所が無くならない為にも、1カラオケファンとして色々な形で応援していきたいですよね。